JMAタイムズ

HOME > JMAタイムズ > 2013年3月

2013年03月01日

JMA TIMES Vol.20を発行しました。

当社ホームページのリニューアル!
完成海外・国際バージョンへ!

増々拡大していく海外・国際分野への進出をサポートする体制を確立

① 海外進出サポートサービス② 国際税務アドバイザリーを2本の柱としてサービス提供強化!!

当社のホームページのリニューアルが完成しました。
海外にビジネスチャンスを模索する動きが活発化しており、ここ最近、当社でも海外関連でのお問合せが増えてきています。このような動きに対応するため、当社ホームページを使った国内税務の訴求はその任務を全うしたと判断し、当社ホームページを新たに海外・国際税務分野への訴求に活用することを決定しました。

すでに海外との接点を持っておられる顧問先様・提携先様には、更なるご提案業務を強化いたします。これより海外関連を検討開始されるお客様におかれましては、海外との接点作りについてまずは当社とブレーンストーミングの機会をを持ちませんか!?

国際税務アドバイザリー

海外進出には「国際税務」対策が必須です。
グローバルな観点からアドバイザリーを提供します!

ドバイを拠点とした中近東アフリカ地域

世界中の富が集まってくる今最も熱い視線が注がれているドバイを中心とした中近東地域。
日本大好きのこの地域に「日本」を売り込むビジネスチャンスをご支援します!

シンガポールを拠点とした東南アジア・インド地域

安定した成長を続けるシンガポール、そして急成長が続く東南アジア地域。
シンガポールを活用した資産運用・税務対策や、東南アジア展開の橋頭保作りをサポートします!

大連を拠点とした東北三省(旧満州)地域

比較的親日感情が良好と言える東北三省(旧満州地域)。
上海・北京と違いまだまだ余力がある進出チャンスのお手伝いをします!

平成24年分≪個人確定申告≫ 改正事項

Ⅰ.生命保険料控除について

生命保険料控除が改正されました。
・生命保険料控除の対象となる保険料に、平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく介護医療保険料(最高4万円の控除額)が追加されました。

・平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料に係る控除額(各最高4万円の控除額)及び平成23 年12月31日以前に締結した保険契約等に基づく旧生命保険料、旧個人年金保険料に係る控除額(各最高5万円の控除額)の合計額が最高12万円(改正前:最高10万円)とされました。

Ⅱ.住宅ローン控除について①

住宅借入金等特別控除について、認定低炭素住宅の新築又は建築後使用されたことのない認定低炭素住宅の取得をして居住の用に供した場合における特例が追加されました。
※この改正は、都市の低炭素化の促進に関する法律の施行の日以後に認定低炭素住宅を居住の用に供した場合に適用されます。

Ⅲ.住宅ローン控除について②

認定長期優良住宅新築等特別税額控除について、税額控除限度額が最高50万円(改正前:最高100万円)に引き下げられた上、その適用期限が平成25年12月31日まで2年延長されました。

Ⅳ.医療費控除について

医療費控除の対象範囲に、平成24年4月1日以後に支払った介護福祉士による喀痰吸引等及び認定特定行為業務従事者(一定の研修を受けた介護職員等)による特定行為に係る費用の自己負担分が追加されました。

Ⅴ.寄付金控除について

寄附金控除及び認定NPO法人等寄附金特別控除について、都道府県知事又は指定都市の長が行う新たな認定制度による認定を受けたNPO法人又は仮認定を受けたNPO法人にその認定又は仮認定の有効期間内に支出した寄附金がこれらの特例の対象となることとされました。

Ⅵ.社会保険料控除について

小規模企業共済等掛金控除の対象となる掛金に、確定拠出年金法の企業型年金加入者掛金が追加されました。

『経営分析』を活用した
会社の健康診断(第7回)

~自分の会社の収益性は?その1~

メントちゃん:ラララ~♪暖かくなって、春は気分がいいなぁ。アレ、何難しい顔してるんですか。ララァ~♫

マネ爺:うん、ちょっと、アラリをね。

メントちゃん:アラシ?マネ爺も嵐が好きなんて知らなかった。私も大ファンで、昨日、親友の送別会があってカラオケで歌ってきたんですよ、「PIKA☆☆NCHI DOUBLE」。旅発ちの歌で、サビがたまらなくカッコいいですよね!

マネ爺:アラシ?ピ、ピカンチ??いや、アラリ。粗利だよ。モノそのものから生じる利益を計算しているところだよ。

メントちゃん:♫ラッラ~。なんだ、嵐じゃないのかぁ。どうやって計算するの?

マネ爺:売上高から売上原価を控除するんだよ。そして割合に直すと分析しやすくなるね。

粗利益率(売上高売上総利益率)
=売上総利益(粗利)÷売上高×100(%)

メントちゃん:ふーん、最終的には売上総利益から販管費等の経費を差引いて当期の利益を出していくから、粗利は大きい方がいいのね♪

マネ爺:他社のマネできない商品を販売している会社では粗利益率が大きくなるよ。全業種平均で20%くらい。利潤追求の会社としては大きくしたいところだね。

メントちゃん:リジュン?...マツジュン!!やっぱり、マネ爺も嵐が好きなんでしょ。隠さなくてもいいのに。どの歌が好き?

マネ爺:マ、マツジュン?ウタ?旅発ちの歌なら、やっぱり「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな(※)」かな。

メントちゃん:そんな歌を嵐が歌っているなんて知らなかったなぁ!今度カラオケで歌って♪

マネ爺:アラリゃ...

(※)額田王「万葉集」

所得税と住民税の違い

先日、取引先様から「所得税と住民税の違いって何?」というご質問を受けました。
今回は、意外と知られていない、所得税と住民税の違いについてご説明します。

所得税は、国税』、『住民税は、地方税』です。
税率についても所得税は超過累進税率(5%~40%)住民税は、一律10%(道府県民税4%、市町村民税6%)と違いがあります。
控除額につきましては、下記のように違いがあります。

人的控除
種類   所得税 住民税 差額
障害者控 普通障害者 27万円 26万円 1万円
特別障害者 40万円 30万円 10万円
同居特別者 75万円 53万円 22万円
寡婦控除 一般寡婦 27万円 26万円 1万円
特別寡婦 35万円 30万円 5万円
寡夫控除   27万円 26万円 1万円
勤労学生控除   27万円 26万円 1万円
配偶者控除 一般配偶者 38万円 33万円 5万円
老人配偶者 48万円 38万円 10万円
配偶者特別控除 合計所得金額 38万円 33万円 5万円
40万円未満      
扶養控除 一般扶養 38万円 33万円 5万円
特定扶養 63万円 45万円 5万円
老人扶養 48万円 38万円 10万円
同居老養 58万円 45万円 13万円
基礎控除   38万円 33万円 5万円

生命保険控除、地震保険控除についても所得税より住民税の方が控除額が少ないという違いがあります。

従って、給与収入が、103万円の場合
【所得税】103万円-65万円(給与所得控除額)-38万円(基礎控除)=0
【住民税】103万円-65万円(給与所得控除額)-33万円(基礎控除)=5万円
所得税は、納税がありませんが、住民税は、5万円×10%=5千円
の納税です。

提携先様のご紹介

『コスト削減診断』を実施されませんか?

地代家賃、水道光熱費、保険料など50項目以上の販売費、一般管理費について、トータルで「コスト削減」のご支援を行っております。

☆TRY Linkが他のコスト削減会社と違う点
1.トータルでお手伝いが可能

ほとんどのコスト削減会社は単品しか扱っていません。一つ一つの項目について、数多くのところを調べ、話を聞き、検討するのには、膨大な手間と時間がかかります。
TRY Linkにお任せいただければ、そのような手間と時間をも削減いただくことが可能です。

2.2400社のデータベース

弊社のビジネスモデルは、今までの顧客の経費明細にあります。
お客様から取得した明細書や企業ご紹介により、常に新しい商品やサービス情報を得ています。その中から、よりよい品質で、安価な会社、最適プランをご提案させていただきます。

3.お客様は、ほぼ100%ご紹介

弊社のお客様は、お客様やパートナー様からご紹介いただいています。
そのため、自分たちでお客様を見つける活動は行っておりません。これは、お手伝いさせていただいたお客様の満足度の証かと思われます。しかしながら、おごることなくさらなる満足度の向上に努めさせて頂きます。

4.コスト削減以外のご支援も可能

弊社はコンサルティング会社の一子会社として設立されました。そのため、元々は、売上向上のご支援、研修等のご支援を行っておりました。従って、コスト削減以外のご要望にもお答えすることができます。

もし、ご興味がございましたら、お気軽にお問合せいただければと存じます。
関西:京都市下京区大政所町680-1第八長谷ビル3F
本社:東京都台東区台東4-29-13明和ビル3F
TEL:080-3604-0465 担当:桐本惠三
E-Mail:k_kirimoto@try-link.jp URL:http://try-link.jp

当社公式サイトはこちら

K2マネジメントソリューション株式会社

黒田 昌史からの海外進出についてのメッセージ

事務所概要

事務所紹介

[東京本社]
〒104-0061
東京都中央区銀座1-20-11
銀座120ビル5階
TEL:03-6263-0353
FAX:03-6263-0353

東京事務所へのお問い合わせ

[大阪本社]
〒530-0047
大阪市北区西天満1-7-20
JIN-ORIXビル11F
TEL:06-6363-7686
FAX:06-6363-7687

大阪事務所へのお問い合わせ

JMA TIMES

採用情報

PAGE TOP