JMAタイムズ

HOME > JMAタイムズ > 2012年6月

2012年06月01日

JMA TIMES Vol.11を発行しました。

当社の顧問先様や提携先様同士を結びつけ、売上高増のサポートを致します。

当社の顧問先様、提携先様には多種多様な業種・業態の皆様がおられます。当社のネットワークを活用して、皆様の商品・サービスをご紹介することや、お客様同士・提携先様同士のビジネスマッチングの橋渡しをすることができます。
今後当社では、ビジネスマッチングに、より力を入れてまいりますので、是非ご相談ください。

ビジネスマッチングの内容
  • 当社からお客様への毎月の郵送物に貴社商品のご案内を同封してお送りすることができます。
    チラシ等、簡単に同封できるものであれば料金はいただきません。
  • 貴社商品サービスのご案内をPDF等データでいただければ、関連可能性のあるお客様にメール案内をいたします。
  • 随時、無料相談会を実施し、お客様のニーズをお伺いいたします。
  • 定期的に個別「ビジネス商談会」を開催いたします。
  • 外部機関と連携し合同「ビジネス商談会」を開催いたします。
 ※無料相談実施中。ご興味のある方は、担当者にお申し出ください。
【当社の顧問先様・提携先様の概要(一部)】
和菓子メーカー制御機器専門商社
医療器具メーカー中古車販売業
健康器具メーカー中古車輸出業
健康食品メーカー石材輸入販売業
食品惣菜メーカー衣料品輸入販売業
鉄工所中古ディスカウントストア
ベアリングメーカー健康食品販売業
病院文具販売業
クリニックコンビニ店舗経営
介護施設運営インテリア業
介護事業宅配業
調剤薬局パイナップル農業
鍼灸整骨院ファーストフード運営業
社会福祉法人飲食業・レストラン
学校法人全国ラーメンチェーン展開会社
宗教法人ガラスレスキュー業
コスト削減コンサル業化粧品小売業
WEBコンサル業京染め業
宣伝広告業携帯電話ショップ
婚活コンサル業不動産業
投資業不動産賃貸業
国内ファンド建設業
海外ファンド内装工事業
弁護士事務所土木業
クラブ・ラウンジ経営廃棄物処理業
エステサロン経営陸運業
テニスクラブ海運業
競走馬事業保険業
新聞勧誘業金融業

国が支える退職金制度で節税しつつ
セカンドライフの資金確保

当上場企業の3,618社の2011年決算(1月~12月)で有価証券報告書に開示された役員報酬1億円以上は、226社367人でした。最高報酬額は日産自動車のカルロス・ゴーン氏の9億8,200万円です。

【役員報酬ランキング】
商号業種氏名報酬総額(百万円)
1日産自動車(株)製造業カルロス・ゴーン982
2ソニー(株)製造業ハワード・ストリンガー882
3大東建託(株)建設業多田勝美823
4タカタ(株)製造業高田重一郎695
5エース交易(株)金融・保険業榊原秀雄618

上位5人のうち大東建託㈱の多田氏、タカタ(株)の高田氏、エース交易(株)の榊原氏の3人は退職金が役員報酬の大半を占めています。
会計上は、退職金に関して引当金計上しますから、この莫大な金額が一度に費用とはなりませんが、税務上は、基本的に引当金繰入は損金にならず、支払い時の損金となります。
節税を考えると、先々に一度に損金となるのではなく、今すぐに損金となってほしいものです。何とか損金の先取りができないものでしょうか。その方法があります。しかも国のバックアップ付きです。

小規模企業共済制度 中小企業の会社役員の退職金
掛金の節税効果
毎月1,000円から70,000円...役員個人の所得について全額所得控除になります。(事業上の損金とはならない。)
仮に最高の月額70,000円の場合は、年間84万円の所得控除が受けられます。
共済金を受け取るときの節税効果
退職等した場合に、共済金を一括で受け取る際に退職所得として退職所得控除のメリットがあります。
更なるメリット
一定の条件を満たせば、払い込んだ掛金の範囲内で事業資金の貸付を受けられます(無担保、無保証人)。
注意点
配偶者などの事業専従者等は加入できませんが、これも共同事業者の要件を満たしていれば共同経営者として加入できます。
中小企業退職金共済 中小企業の従業員の退職金
掛金の節税効果
毎月5,000円から30,000円。従業員ごとに任意に選択できます。
...全額法人の損金となります。(退職時には、退職従業員の退職所得として退職所得控除の適用があります)
更なるメリット
国の助成があります。(地方自治体によっては、国とは別に独自で助成しているところもあります)
<新規加入制度>
新しく中退共に加入する事業主に、掛金月額の2分の1(従業員ごと上限5,000円)を加入後4か月目から1年間、国が助成します。
<月額変更助成>
掛金月額18,000円以下の従業員の掛金を増額する事業主に、増額分の3分の1を増額月から1年間、国が助成します。

上に記載した制度の名称からお分かりになるように、加入条件が決まっていますので確認は必要です。また、小規模企業共済制度の場合は、法人の損金ではなく、個人の所得について控除となります。
しかし、これらの点を考慮しても、投資顧問会社による企業年金資産の消失について世間で騒がれている今日の状況では、後ろ盾に国がいるのは安心の面で魅力的です。しかも節税効果についても、それぞれのホームページでしっかりと明示されています。
節税しながら将来の生活資金を確保できる、そんな退職金制度はいかがでしょうか。

『消費税』について、知っておきたいこと

消費税は日本国内において、事業者が行った資産の譲渡やサービス等の対価や輸入等について、課されます。
ただし、例外として非課税とされるものの中より、ぜひ知っておいていただきたいもの・間違えやすいものを列挙しました。

(1) 土地の譲渡及び貸付け: 非課税
 (土地には、借地権などの土地の上に存する権利を含みます。)

ただし!
1か月未満の土地の貸付け及び駐車場などの施設の利用に伴って土地が使用される場合は、非課税取引には当たりません。ちなみに建物の譲渡には課税されます。


(2) 住宅の貸付け: 非課税

ただし!
契約において人の居住の用に供することが明らかなものに限られます。
また、1か月未満の貸付けなどは非課税取引には当たりません。また事業の家賃等には、課税されます。


(3) 有価証券等の譲渡: 非課税
 国債や株券などの有価証券、登録国債、合名会社などの社員の持分、抵当証券、金銭債権などの譲渡

ただし!
株式・出資・預託の形態によるゴルフ会員権などの譲渡は非課税取引には当たりません。

なおその他の非課税とされるものは以下になります。

  1. 預貯金の利子及び保険料を対価とする役務の提供等
  2. 郵便事業株式会社、郵便局株式会社などが行う郵便切手類の譲渡、印紙の売渡し場所における印紙の譲渡及び地方公共団体などが行う証紙の譲渡
  3. 商品券、プリペイドカードなどの物品切手等の譲渡
  4. 国等が行う一定の事務に係る役務の提供
  5. 外国為替業務に係る役務の提供

上場有価証券の評価損で節税!


なんてことありませんか?

株は値上がりした方が嬉しいに決まっています。当然です。
でも、その値下がりを節税に使えるかもしれません!

会社で保有している上場有価証券の「価額が著しく低下」した場合、 評価損を計上することは、以前から認められていました。

しかし、「価額が著しく低下」したと判断するためには、
(1)株価が帳簿価額のおおむね50%を下回ること
(2)近い将来での株価回復が見込まれないこと
という条件を満たす必要がありました。

でも近い将来の株価なんて誰も明言できませんから、結局評価損を計上することはあまりありませんでした。

そこで平成21年4月に、国税庁から「上場有価証券の評価損に関するQ&A」が公表され、上場有価証券の評価損についての考え方が整理されました。
この要旨を非常に簡単に表現すると
「株価が回復するかどうかの判断方法について、会社が合理的な基準を定め、きちんとそれに従って判断していれば、税務上その基準を尊重します」ということです。

例えば
『株価が帳簿価額の50%を下回る状況が2年以上続いたら、もう近い将 来に回復することはないと判断する』
といったような基準を会社が明確に定めて、それに従って「近い将来 の回復可能性なし」と判断すれば、税務上はその判断が尊重される ということです。

このQ&Aが出たことにより、上場有価証券の評価損が計上しやすくなりま した。もちろん、「合理的な基準」であることが条件ですので、あまり に的外れな基準では否認されるリスクがあります。実際には、当法人の 担当者に必ず確認して頂くようお願いします。

会社で持っている株が大幅に値下がりしているようであれば、評価損の 計上を検討してみてはいかがでしょう?
(本当は、近い将来に株価が回復してくれるのが一番いいんですけどね...)

クールビズで快適な夏を!

「クールビズ」とは、環境省が中心となって、地球温暖化の原因となるCO2を削減するため、冷房の設定温度を高めにしたオフィスでも快適に過ごすための工夫を呼びかけるキャンペーンのことです。

東日本大震災の影響を受け、深刻な電力不足が予想され、より一層の節電を求められる今年の夏、当初6月~9月に行われていたクールビズ期間が、今年は5月~10月に拡大し実施されます。そこで、どの様な商品が有るのかいくつか取り上げてみました。

クールビズとは言っても、やはりビジネスの状況によっては、ジャケットやネクタイが必要な場面も有りますが、そのような時のために、素材と薄さにこだわった通気性の良いジャケットや、瞬時にワンタッチで取り付けられるネクタイも登場しています。

シャワーだけで洗え、ノーアイロンでもOKなトロピカルウールと言った素材のスーツも有ります!!

クリップ式になっており、ビジネスシーンに合わせて着脱の簡単なネクタイなども有ります!!

夏用のビジネスシューズでは、中敷、靴底にメッシュ素材を使い、通気性を良くし、湿気や熱を発散しやすくするために大きく通気孔のあいたアウトソールのビジネスシューズも登場しています。

その他にも、ズボンから下着まで身に着ける物一式、クールビズ商品が販売されていますので、今年の夏は、皆さんも是非クールビズを行い節電に取り組んでみてはいかがでしょうか??

最後に、節電に努めるあまり、エアコンや扇風機使用を過度に控え、熱中症を引き起こす場合も有るようですのでこまめな水分補給を心がけ、夏を乗り切りましょう。

当社公式サイトはこちら

黒田 昌史からの海外進出についてのメッセージ

事務所概要

事務所紹介

[東京本社]
〒104-0061
東京都中央区銀座1-20-11
銀座120ビル5階
TEL:03-6263-0353
FAX:03-6263-0353

東京事務所へのお問い合わせ

[大阪本社]
〒530-0047
大阪市北区西天満1-7-20
JIN-ORIXビル11F
TEL:06-6363-7686
FAX:06-6363-7687

大阪事務所へのお問い合わせ

JMA TIMES

採用情報

PAGE TOP